2013-03-25

エジプト旅行2013年03月

世界遺産を観にエジプト旅行。
一生に一度あるかないかの大イベント(^o^)/

まずはカイロ市内に掲げられていた宣伝をどうぞ。


わけわからん(^^)


旅の結論は、
「遺跡は最高!人は最低!エジプト!」(コナン風に)



エジプトのバイク
写真とったら、チップを要求されたり、逮捕されたり、殺されたりするかもしれないので(笑)、大っぴらに乗り物や人の写真は撮ってない。

白バイは、なーーーんと、
YAMAHA FJ 1200 POLICE!
空冷です!
3台みたけど3台とも FJ1200 POLICE 仕様。
あの暑さでも大丈夫なんだ~と感心。
一応隊員はヘルメットしてた。

庶民はもっぱら
DAYUNとかいう、チャイナメーカーばっかり。
他の国のメーカーはさっぱり見えず。
このチャイナの150ccとか125ccがとにかくどこに行っても多い。
大人3人乗りとか平気でしている。
ヘルメットはしていない。義務じゃないんだろう。

スリッパで乗っている(^^;;;;
変な風にデコレーションするのがはやっているみたい。
東南アジア風とかチャイナ風とか、まぁー、とにかく

かっこわるい(笑)

現地ガイドによると、チャイナバイクはよく壊れるらしい。
でも他のメーカーは高くて買えないらしい。


ちなみに4輪のシェアは、上から
FIAT、プジョー
らしい。
次に日本のsuzuki,toyota。日本車は燃費が良いらしい。
あとはその他もろもろ。

経済事情から考えると、新車はとても手がでない。みんな中古車。
toyotaの新車で日本円換算で240万円らしい。
ベンツ新車は600万円。ベンツは全世界で高いらしい



エジプトの交通事情
おどろくなよ!
信号も標識も無い!!

大都会のメインストリートに、申し訳ない程度に信号と標識がつく。
あと、最近できた、高速道路も標識はつく。
(高速道路は、空港と大都市を繋ぐ)
それ以外は、たとえ大都会の中心であっても、まったく信号、標識は無い!

だからして、以下の写真(物体)はとても珍しいのだ!



はい。
信号にカウントダウンついてます。
しかも赤カウントダウンだけでなく、青カウントダウンも。


で、信号ですが、まぁ当然、
守りませんね。



とにかくカオス。


中央分離帯あり、片側2車線道路だとすると、
3台から4台の四輪が横並びで走ってる...ええ!
だから横の間隔、数10センチぐらいかなぁ~(笑)

前後の車間距離も同様にきつきつ。1mも空いてない。

全員が勝手気ままに運転する。

交差点では、とにかくあらゆる方向から車が突っ込んでくる。
なんで交通が流れているのか不思議なくらい。
渋滞しててもあたりまえ。

交通整理のおまわりはいない。
ていうか、そこの白バイ隊員、ノーヘルですり抜け。

クラクションの嵐。うるさい。
ドライバー同士口喧嘩。乗客同士も言い争う。
あ、サイドミラー当たった。でもお互い何もなかったように走る。

で、そんな状況なのに、

3人乗りの二輪はすり抜ける、
二輪逆走してるし!
人が走っている車の前に平気で飛び出してくるし。
なんか軍の車両が道の真ん中で故障して、軍人が押してるし!
対向車きてるのに追い越し平気でしてるし!

馬車は自動車と同じ車線を走ってる!
ロバが荷台に野菜、果物、人間を載せて走ってるよ!
えー、ラクダがぁ~!
さいごには都会なのにヤギまで放牧してる!


という、なんでもありの世界だ。

もうカオス(笑)

笑うしかなかった

ほんと飽きない。とっても楽しいよ~~エジプトの交通事情。



地方都市でスピードを落とさせたい場所には、道路に段差が作ってある。
段差はカマボコ状。
このカマボコがけっこう多い。


街中のレストランから。街とともにあるのが不思議な感じ。↓




エジプトの貨幣、チップ
エジプトポンド(EGPと表記したり、LEと表記したりする)
2013年3月のレートだと、
1USD≒98円
1USD≒6.79EGP(LE)
ぐらい。
これを頭にたたきこんでおかないと、損する。
エジプトポンドは信用がなく、どんなところでもUSDが通用する。
実際、EGPを使う場面が無くて、困った。
旅行会社は「5000円ぐらいEGPに両替して」と言ったけど、全部USDでもよかったぐらい。
両替は注意。エジプトでは、エジプトポンドでしか払ってくれない。USDに変更とか無理。



EGPの紙幣、見た&使ったのは5、10、20、50、100。
硬貨は1だけ見た&使った。
両替のとき、紙だけ渡される。大きい紙幣は使い道がない。
なので、両替したばっかりだと、チップに困る。
紙幣だと渡しすぎになるから。


トイレにただつっ立っているだけのおっさんにもチップが必要って社会(@@)。
そういう仕事しない奴には、1EGPコインわたしておいた(^^)

トイレは1~2EGPらしい。
トイレでなにかと助けてくれた人には、ちょっと多め。硬貨が無いときは、5EGP紙幣1枚とか。
だいたい細かいのを持っていないので、トイレはツアー客集団で行ってまとめて渡してた。しかし、最初にまとめて渡しても、出るとき個々の人にくれと要求される。そんなのは無視。

だいたい、10%のチップらしい。
ホテルでのジュース 50EGP なら 5EGPとか。

バスの運ちゃん、一日ずっと運転なら、3USDとか5USDとか。
額は自分の気持ち&経済事情で。無理に出すこともない。


本物のパピルス↓光にすかすと、縦と横に草を置いている(重ねている)のが分かる。



エジプトの押し売り
観光地に待ち構えているのが、詐欺、押し売り。
それが全年齢、性別を問わない。
小さなかわいらしい子供から、ジジィババァにいたるまで、全員が押し売り詐欺師。

「異教徒には何をしても許される」らしいので、日本の女は特に注意すべし。

「かわいいー」とか「お得」とか日本語で言われると、日本の女は笑ってしまう。
それが押し売りを加速させる。
とにかくしつこいので、笑ってはいけないし、返事してもいけない。
ひたすら無視すること。
でないと、性犯罪におよぶ。
実際、髪や肌(腕でもダメよ!)を出していると、売春婦とみなされる。
異教徒で、売春婦で、お金持ちで、何しても笑う人間、
これものすごい美味しいカモね。
押し売りにしてみれば、10倍の言い値で買ってくれて、触り放題で、笑ってくれるなんて、日本のキャバクラでもありえない天国パブ状態。

どこから仕入れたかしらないが、現地で話しかけられた日本語。こんなこと言う輩は、絶対に相手にしてはいけない。

-かわいいー
-きれい
-きもい
-そんなのかんけいねぇー
-山本山
-田中
-鈴木
-山田
-タダ
-これ全部タダ
-安い
-お得
-見るだけ

売り方はだいたい
- 「これ一つ10ドル。お得!二つでお得!20ドル」<まけてへんやん!
- 「これ5枚で5ドル」と言っておきながら、枚数をごまかす
- 「1つなら10ドル」→買う→「もっと買え!もっと金くれ15ドル」
- 写真をとってやろうかと言う。写真撮る→「おまえハッピー。だから50ドル」
- 遺跡案内したり(「こっち見る。良いよ」)、遺跡をライトで照らしたりしたら、はい10ドル
こんなかんじ。

相手が5ドルと言えば1ドルと言う感じがちょうどいい。
相手が「おいおいそんなん無理やで!」って顔するぐらいの値段が良い。
多分、相手の"ひどいなぁー"って顔も、演技。
扱っているのはしょせんチャイナで作ったバッタ物。1ドルでも大儲けのはず。
それでもしつこく食いついてくる。

とにかく、金が欲しいらしい。
物の数とか、そこにかかった経費とか労働費とか、頭にない。
1個で10ドルよりも、2個で15ドルの方が良いのがエジプト人。
こっちは2個も要らないと言っても引き下がらない。
30ドルが高いと言えば、どんどんおまけが増える。でも提示は29ドルとか。

だから日本人観光客は、信頼できるガイドに紹介された以外の場所では、全く買い物をしない方が良い。ひたすら無視。

子供を使ってくることもあるので、注意。
情にほだされて会話すると、もっと買え、もっと金、と言ってくる。
子供のあとから大人がでてきて話をすりかえる。
子供に話しかけるのは、観光客の子供だけにすること。
現地の子供は、「売りつけろ、せびれ」と教育されている。

あと、通貨単位を変えてくるのにも注意。
LE10 と言っておいて、USD10 となると、大損。
こういうことをするので注意。



遺跡にいた猫↓
猫にもチップを!(笑)


エジプト人押し売りVSチャイニーズ
押し売りしている連中の苦手は、チャイニーズで~す(^^;;;
同じツアーに大阪の方がいまして。
その方いわく、
チャイナの値切りは下品。あれはいかん。本当の値切り(買い物)は、最後には相手も気持ちよくなってもらわないと。
ということらしい。
大阪人お墨付きで「下品」といわれるなんて、どれだけ酷いんだろう(^^;;;
ということで、チャイニーズのフリをしつづけることが可能なら、押し売りはされないよ♪
ニーハオニーハオ言っておけ~(笑)


NO押し売りのポーズ↓<ちがう



エジプトの教育、政治、生活
現地ガイドに聞いて初めて知った。
なんと、文盲率40%!!!
コーラン読むのが必須だから、文盲率は低いと思っていた。
すべて今までの独裁政権がわるかったせいだ。
で、エジプト革命が起きて、現政権に交代して、何が変わったかというと、

なにも変わっていない

らしい。人の心は現政権から急速に離れているようだ。

議員と役人が自国民を虐げるのは、日本もエジプトも同じようだ。

前述した押し売りも、経済が逼迫して、なにも世界について教えてこなかった結果だろう。

革命が起きて、観光客は30%までに落ち込んだらしい。
さらに押し売り、詐欺が強くなる。

貧しい地域はとことん貧しい。
現役の交通手段がロバと馬、というのはあたりまえ。
街が糞の臭いで満たされている。

農村部の所得は、日本円で3万円/月程度らしい。都市部で8万円/月程度。

ある押し売りの少女はちょっと忘れられない。

我々のツアーバスの入り口で、ちり紙(日本のティッシュよりも粗悪なので、"ティッシュ"と言うより"ちり紙"という方が近い)を1USDで売っていた。

いつものことなので、全員スルーして乗車。
バス発車。
すると、どこからか、男が少女に近づいてきた。おそらく家族なんだろう。
それをみた少女の顔がみるみる引きつり青ざめた。
そして猛ダッシュで駆け出した。
男から走って逃げたのだ。
とても怖い思いを何時もしているのだろう。

こんな教育を親たちがしているんだ。

義務教育はある。小学校6年、中学校3年。
だが、行けるのは裕福な家庭だけ。



遺跡で寝る犬↓



エジプト人のセンス
美的センスがとても良い!身なりとか、さらっとおしゃれ。かっこいい!
リズム勘も良い!
別のツアー客に、ベリーダンスの教師が居たらしい。日本人。
で、パーティーで、エジプト人スタッフ(ホテルの受付)がベリーダンスを披露したらしい。
日本人もおどったらしいが....
完全にエジプト人の勝ちだったようだ。
普通のおっちゃんとかもリズム感があるし、あなどれない。
太鼓や笛を気持ちよく奏でる。

とにかく、肉体自体がモンゴロイド・ニッポニアニッポン(^^)とは全く違って、もともと美しいから反則だ。
顔立ち、頭身、筋肉のつきぐあい。
それに芸術のセンスが良いので、当然、同じ土俵では負ける。

この芸術を伸ばす教育をすれば、押し売りしなくても生活が成り立つだろうに。

おしいなぁ~、ほんと。


そりゃ~、紀元前からベリーダンスしているんだもの↓



ゴミ
でも芸術センスよくても、ゴミは平気で捨てるのよね。道とか川とかに。
これも教育だぁ~。

しかーし!ゴミはエジプト人だけではなかった。
以下のティッシュのゴミは、何と、クフ王のピラミッドの中、王の間、回廊に捨ててあった物!!
おおおーーーーー!!!世界遺産の中になんと大胆な!!!
世界広しといえども、ティッシュ持ち歩いて使うのは、まぁ、日本人だけ。
恥ずかしいことこのうえなし。




エジプトの気候
2013年3月、
快適!!!!

朝晩は寒い。
日本で着ていた冬物をそのままはおった。
吐く息が白くならなかったので、5度ってことはなかっただろうが、
体感は5度~6度みたいに感じたことも。実際は8度くらいだったらしい。


日中は、最高気温24~27度ぐらいだった。
アスワン近辺で37度という日が一日だけあったが、他の日は24~27度と安定。
37度にもなると、たしかに日なたにいるときつかったが、日本よりすごしやすかった。
正直、宮崎県の30度より、エジプトの37度の方がはるかに快適。ほんと。
風が吹いたり、日陰に入るとすずしい。
日中は、夏物の長袖一枚だったが、暑いかと思えば肌寒かったり、ちょっと難しかった。


湿度 10%~0%。低湿度は初めての経験だ。(0%ってなに!?!!!笑)

この低湿度のおかげで、自分がどれぐらい汗をかいているかわからない。それが怖い。

胸や背中の広い部分の汗は、瞬く間に無くなる。服も瞬間で乾く。
だから汗をかいていないと思ってしまう。
関節の深い部分にちょっと湿りが残る程度。それで初めて「あー、汗をかいていたんだぁー」と認識できる。

エジプトの旅行は、1月~3月にすべし。それ以外は暑すぎてだめ、という話だ。
いくら安くても、真夏に行ったら死ぬ。
極度の乾燥と暑さで、本当に立ったままミイラになるだろう。
即身成仏したけりゃ真夏にどうぞ。



雨はまったく降らない。毎日晴れ。(といっても、降水量は年間30mmあるらしい)
で、透き通る真っ青な空、ガンガン照りつける大きな太陽かと思ったら、
太陽が霞む。
砂だ。
1年365日x24時間、常に黄砂みたいなもん。
だからまつげが長いんだろう。
少女マンガか!ってぐらい、みんなまつ毛がバッサバッサと多い。


遺跡の鳩↓エジプトでは鳩の子供を食べるらしい。



持っていって良かった物
- LEDランプ。遺跡の中で急に灯りが消えたりしたときに使った。
- ウエットティッシュ。なにかと使える。10枚入りぐらいの小分けが良い。50枚入り持っていっても、袋を開けたら、全部使う前に乾燥してしまう。
- トイレットペーパー。むこうのトイレはチップ制。でもチップ払っても、ろくでもないチリ紙がほんの少しだけしか得られない。
- 塩キャラメル。今回は涼しくて消費は少なかったが、やはり重宝した。向こうの子供も喜ぶので、使えるかも。
- 大量の 1USD札。でも足りなかった。パーフェクトなまでにチップ社会。自分の買い物よりもチップの支払いが多いんじゃないか?(笑)
- サングラスは必須アイテム
- 粉末のポカリ(アクエリアス)。現地ではあまりこういうのは手に入らない。現地は、水、ジュース、redbull系を置いてあるが、お茶系、ポカリ系はあまり見ない。


3月では使わなかった物
- うちわ
- 下痢止め薬
- おすだけベープ
涼しい時期だったからねぇ。出番が無かった。真夏は知らない。


ナイルをとぶ鳥↓


エジプトの食べ物
果物・野菜・チキン、宮崎県負けたーーーー!!!!と思った。
ちょうど、マンゴー、グァバが季節だったせいか、しぼりたての100%ジュースのすごいことすごいこと!!!
グアバ、マンゴー、生産地らしく。

ピーマンも驚きだった!
なんだ、この肉厚、しゃきしゃき、苦味無し、は!
てかんじで。

チキン料理もすばらしい!!チキン自体も調理も!!
肉はチキンばっかり注文(^^)

あと、去年のフランスでも思ったけど、今回のエジプトでも、
パン、チーズ、コーヒー、うめぇーーー。
日本の物と全く違う。
日本人って、偽物売りつけられているんだー、と、去年に続き今回も思う。
特に乳製品。

地元の料理もホテルで出たが、美味しかった。かなりいける!

腹を下すことはなかった。
強盗に入られることもなかったし。


安全を金で買え


そういう国だと思った。


すずめに近いのかな?↓



エジプト人が欲しがった日本の物
ボールペン。
意外なことに、地方でボールペンをくれと言われることが多かった。
日本では、景品やサービスでもらえるようなボールペンでも喜ぶ。
質がちがうのかもしれない。
ツアーでいっしょになったひとが、もらったボールペンをあげたら、よろこんでいた。

4色ボールペンなんてあこがれの的。
日本で400円弱のトンボエンピツの4色ボールペンを、服のポケットにさしていた。
めざとく見つけたエジプト人が、くれという。
NOというと、水1本(1USD相当)で交換、と言う。
わりがあわない(^^;;;
しつこかった。

逆に言えば、4色ボールペン、5色ボールペンを、高い買い物での交渉に使えるかもしれない。
安い(タダでもらった)1色ボールペンは、チップの代わりでも使える。

エジプトに行くなら、ボールペンを持っていけ。
でも、なにもしてもらってもないのに、ただでやるな。後からくる日本人がたかられる(^^。実際たかられた。日本人はタダでボールペンくれる、と思っている。
#注: ただしカイロやルクソールのような都会では、ボールペンの需要は無い。

あとはキャンディーかな。



スフィンクスが見ている物↓




エジプトのテレビ
衛星アンテナだらけ。
とにかく多い。
理由は、チャンネル数の多さに加えて、価格の安さ。
うらおぼえだが、100チャンネル前後だったような。
で、加入時に1000円相当はらうだけ。
あとは月々0EGP!!!!
無料です。
サッカーの試合とか、一部が PV で有料らしい。番組単位で課金、非課金ということらしい。
日本より快適だろう。

どこかの警備兵↓








ノーベル賞受賞者。書店にこの人の本がならんでた。なにをした人なのかは知らない:-P
http://www.its.caltech.edu/~femto/
http://en.wikipedia.org/wiki/Ahmed_Zewail


ナイル↓



0 件のコメント:

コメントを投稿